対刃物のベストな対抗手段

1DAY
警棒術セミナー

【初級コース】

※ご満足されない場合は全額返金します

凶悪犯の多くは武装しています
もし刃物で襲われた場合、素手で立ち向かえるでしょうか?

実戦の9割は接近戦です
至近距離において拳銃以上に有効なのが警棒

海外でも警察やセキュリティーに装備される理由は実用性で

警棒術は対刃物の最適な答えの一つです

講師:加藤一統(ボディガード歴29年)
※経歴はページの一番下で紹介

電話のお問い合わせ 042-813-1957
(9~19時 年中無休)

開催日 6月1日(土)
13:00~16:30

¥33,000

全額返金保証付

悪用厳禁。
セミナーの性質上、反社やそれに準ずると当方が判断した場合、参加できません。

素手では難しい対凶器が可能に

警棒術には以下のメリットがあります。

〇机上の技ではなく、身辺警備の現場で実証された技術
〇棒はもちろん、ペンや催涙スプレーなど多くの道具と共通する動き
〇攻撃力だけでなく、防御力にも特化しているので実戦向き

多くの実戦は至近距離で完結し、警棒は接近戦に特化した護身具です。
 とくに刃物に対しては、拳銃以上の効果を発揮します。

 警棒セミナーでは、実際の体験談を交え、よく使う技を指導します。
 わずか3時間半ですが、密度の濃い内容を約束します。

犯罪者は凶器を手に襲ってくる

護身に必要なスキルを凝縮

実用性だけでなく、携帯性も優れた最高の護身用品

護身用品に必須なのは、防御力と攻撃力。
さらに欠かせないのが「携帯性」です。
もしもの時に手元になければ、意味がないからです。
つまりコンパクトさは、条件と言えます。
伸ばすと刃物を越える長さになり、縮めると約1/3になる護身用品は、警棒だけです。

また警棒の技は応用性が高いので、身近な棒・カバン・ペンなどで代用しやすい強みもあります。

※セミナーでは本物の警棒も多数用意して、選び方をアドバイスします。

セミナー参加者の傾向

ボディガードの訓練内容は、短期で身に付くシンプルさと、実用性の高さが条件です。

本セミナーは40~50代のご参加が多く、3割強の方は武術未経験です。
未経験者が短時間で成果を出すため、実際の訓練プログラムの内容を凝縮しています。

もちろん1日だけでは習得できません。セミナー後の自主練習が必要です。
ただし他の護身術教室では、まず触れることのないリアルな技と実例は、ご参加の皆様に、終了直後から確実な成果を実感いただいています。

※返金保証付きです。
詳しくは「よくあるご質問 Q5」をご覧ください。

武術未経験でも安心

セミナーの詳細

終了後ライセンスを交付(本回は初級です)

IMG_7875[1].JPG__PID:d3c34296-793c-47c1-a10c-1ad564cad92b

日程:令和6年 6月1日(土)
時間:13:00~16:30
場所:中目黒駅から徒歩8分
(見学・飛び入り不可。会場は参加者にのみお知らせします)
持ち物:動きやすい服装と飲み物
(必要な資器材は用意します)

※定員に達し次第締め切ります

【お申し込み方法】
①ご不明な点があれば、まず電話かメールで何なりとご質問ください。
②オレンジのボタンから、申し込みフォームへ進む。
③24時間以内に「参加規約」のメールが届きます。
④規約をご返信いただいた後に「セミナーのご案内」を送ります。

電話のお問い合わせ 042-813-1957
(9~19時 年中無休)

開催日 6月1日(土)
13:00~16:30

¥33,000

全額返金保証付

悪用厳禁。
セミナーの性質上、反社やそれに準ずると当方が判断した場合、参加できません。

受講いただいた皆さまの感想

● 警棒の握り方ですでに目から鱗。初級コースで十分実践的です。
刃物の受けも、他では習ったことがない理にかなった方法でした。
(25歳 総合格闘技歴6年)

 ● 単なる護身術ではなく、恐怖に震える中で何をするべきか?という、一番知りたい事に言及する異質のセミナー。
(31歳 フルコンタクト空手歴11年)

 ● 対刃物を想定した講習がほとんどないので受講しました。
スポーツとも他の武術とも違う、相手が武器で、一人とは限らず、用意ドンもない、リアルを学ぶ貴重な体験でした。
(37歳 柔術歴2年)

 ● 返金保証があるので最悪使えばいいくらいに考えてましたが、格安と言ってよいです。
ボディガードの方による、使える技と使えない技の説明は説得力が違った。
(44歳 剣道・剣術歴19年)

● 武器での攻撃が想像とは違うことに驚いた。
未成年は参加できませんが、ここで習った護身のルールは、我が子にも伝えるべき内容でした。
(51歳 スポーツ歴なし)

よくあるご質問

Q1
参加資格はありますか?


ご参加者の内訳は、格闘技経験者が7割で、未経験者が3割です。
警棒も格闘技です。当然ながら格闘技経験者の方が理解が早いです。
しかし初級セミナーなので、未経験の方が理解できる指導をします。
ただし警棒を振るには、ある程度の筋力が必要です。
女性と高齢の方にはお勧めしません。
※不安な場合は、遠慮なくお訊ねください。

また本講座は、悪用厳禁の大人のセミナーです。
以下の方は参加できません。
 〇20歳未満の方
 〇反社会的勢力に属する者
 〇当社が不適格と判断した方

※お申込み後に不適格と判明した場合、参加を取り消します。

Q2
レッスンは危険を伴いますか?


ケガを防ぐため、ソフト警棒を使い「痛い・危険」がないよう配慮いたします。
ただし格闘技のセミナーです。アザや擦り傷など、不測の小さな怪我はありえます。
その点はご承知ください。

Q3
必要な物はありますか?


必要な資材は用意しているので、手ぶらで大丈夫です。
動きやすい服装と飲み物だけご用意ください。

Q4
自分に合う警棒が分かりません

警棒は種類が多く、中には粗悪な品も存在します。
当日は本物の警棒をたくさん用意するので、購入を検討中の方は、実物を触ってみてください。

Q5
満足しなかった場合は全額返金との事ですが、条件はありますか?

A
ご参加から14日以内(6/15(土)まで)に、メールか電話でお知らせください。
メールの際は、タイトル「セミナー返金希望」本文に「ご不満な点」をお知らせください。
理由の審査はありません。一カ月以内に返金手続きを行います。
※無断キャンセルの場合は返金できません。
キャンセルの受付は、5/29(水)23時まで

電話のお問い合わせ 042-813-1957
(9~19時 年中無休)

開催日 6月1日(土)
13:00~16:30

¥33,000

全額返金保証付

※悪用厳禁。
 セミナーの性質上、反社やそれに準ずると当方が判断した場合、参加できません。

インストラクター紹介

加藤一統:ボディガード歴29年
(一社)暴犯被害相談センター 代表理事
身辺警備会社の協力団体「ボデタンナビ」代表
ボデタンナビのサイト
加藤一統のXアカウント

私は職業柄、暴力への対抗手段を、人より知る必要がありました。
世の中には沢山の護身用品がありますが、攻撃と防御のバランスが良く、実用的なのが警棒です。
また警棒は、日本で我々ボディガードが装備できる唯一の護身用品であり、造詣が求められる立場にいます。

本講座は、実際のボディガード研修プログラムの中から、最短で実戦的な技を選んでおります。

護身用品と注意事項

「護身用品は安全を守るため、社会に必要な物」が弊社のポリシーです。
しかし護身用品は悪用ばかりが報じられ「危険な者が使う凶器」という、誤った認識が広まっています。
受講者のプラバイバシーは厳重に保護しますが、万一技術が悪用された場合、関係機関の捜査に全面協力します。

また護身用品の所持・購入は全く問題ありませんが、携帯すると「軽犯罪法」に問われる事があります。
普段身につけてこそ護身用品なのは間違いありません。
しかし検挙の可能性がある以上、持ち歩くことを推奨できないのです。
大変申し訳ありませんが、護身用品の携帯は「自己責任」とご理解ください。